\過ごし方 #2/ デザインが好き! 中学3年生 女の子の場合【2021年5月】

おうえん

みんながいつもコドモワークスペースをどんな風に使ってくれているのか、紹介しているよ。

今回の主役は、デザインやお絵かきが得意な女の子なんだって。楽しみだな~!

こんにちは!

広報担当スタッフのまなちゃんです。

この記事では、コドモワークスペースに通ってくれている、ある中学3年生の女の子の作品や活動の様子をレポートしていきます。

デザインやイラストが得意で、コドモワークにも彩りをたくさんそえてくれます🍀

いつも本当にありがとう!(*^-^*)

それではさっそく、みなさんにお伝えしていきますね♪

1か月目は、スペースの貼り紙をお願い。10枚という大作のイラストデザインを描いてくれました!

初めての来訪。オープン感あふれるポスターをデザイン

初めて来てくれたときに、「デザインやイラストが好きで、今までにポスターを作ったことがある」という話を教えてもらいました。

そこで、まだ何も看板らしきものがなかったスペースに、「ポスターを描いてくれないかな?」とスタッフたちからのお願い。

こころよく描いてくれました!

初めてスペースに来てくれたときに描いてくれたポスターがこちらです↓

スペース来訪1回目に作ってくれた作品

えんぴつで下書きしてから、色鉛筆でていねいにデザインしてくれました!

色とりどりで、明るく楽しい雰囲気がとてもすてき☺

まだ1カ月半前なのに、なんだかもうなつかしい…!

オープンしたばっかりで、「これから、どんな場所になっていくのかな?」とスタッフも少し緊張していたので、楽しそうなポスターを描いてもらえて、とても嬉しかったのを覚えています。

2つめの作品は大作!看板がわりになるデザイン

次のワークでは、『コドモワークスペース』の看板になるような作品作りをすることに。

お店の前を通りがかった人の目につきやすいように、コドモワークスペースの文字を一文字ずつ紙にデザインするのはどうかな、と提案。

というわけで、10枚におよぶ大作に…!!

スペースだけでなく、お家でも作って持ってきてくれました!

おうえん

すごい!

1枚ずつみんなデザインがちがうんだね

がんばってくれて、ほんとうにありがとう☺!

隣でその作品づくりを見ていたお母さんも、

「一つのことに没頭することは多いけど、1日で終わらせることが多いので、『いつ飽きるかな?』と思って見ていたので長く続いてていてびっくり」

と笑顔で教えてくれました🌼

お家にいる間もがんばってくれて、ほんとうにありがとう!

最後の写真にもあるように、作ってもらった作品はスペースのガラス窓に貼っています。1枚ずつ、雰囲気がちがっていてとても丁寧な作品です。ぜひみなさんも見に来てください!☺

2か月目は、iPadでの絵かきが中心。オンラインの日も、おしゃべりやワークタイムをしてくれました!

自分のiPadを使って、お絵かきワーク

さて、お願いしていたワークがひと段落。スペースでは、持ってきてくれたiPadで絵を描きながらまったり過ごしてくれました。

おとなたち(スタッフとお母さん)も隣に座ってぬり絵タイム

絵を描いているときは集中モード!

隣でおとなたちがあれこれ話しているのにもめげず、もくもくと手を動かしてくれていました。描き終わった後はリラックスモードで笑顔もたくさん。みんなで一緒にトークを楽しみむことも☺

ちなみに描き終わった絵がこちら。
写真を見ながら、しっかり自分の好きな世界観をデザインで表現してくれています◎

すてきですね!!

こちらも、サイトなので使っても大丈夫、と言ってもらえたので、みなさんにお届けしています。本当にありがとう☺

オンライン(Zoom)でも、変わらずワークタイム!

さて、最近お家で一人になる日があるので、一度オンラインでのワークを試してみよう、ということに。

自分の部屋⇔スペースのスタッフとオンラインでつなげて、

1時間ほど、オンライン通話(Zoom)を使っておしゃべり&ワークをしました!

いつもとは違ったので、『最初は少し緊張した…』と教えてくれました。

そうですよね。
オンラインで話すのって、ちょっとドキドキするかな。

いきなり相手の顔が出てくるから、ちょっと心の準備がいるよね。

オンラインでも、最初は友達と話しているような、ゆっくりおしゃべりタイム。のんびりと、お部屋にあるものの話や、お家のこと、お母さんのこと、趣味や好きなことなどをお話します。

そのおしゃべりをふまえながら、
今日のワークですることを一緒に考えます◎

おしゃべりしたペットや好きなグループなどの話をもとに、とても素敵なデザインを考えてくれることも☺

前には、「友達が勉強しているので、わたしも歴史の勉強しようかな」と言ってくれたこともありました!

なんとなくワークタイムの過ごし方が決まったら、
『じゃあ、○時にまた集合しよう!』
ということで、音声や映像はオフにしてそれぞれワーク◎

時間になったらもう一度画面や音声をオンにして、
『どうだったー?』とおしゃべり再開です。

はじめてのとき、オンラインの感想を聞いてみると、「時間がしっかり決まっていたので、やりやすかった」「スペースに来てやってるときと、そんなに違わなかった」と教えてくれました! ありがとう☺

オンラインをしたり、スペースに来てくれたり。一緒にいいリズムを見つけていきたいと思っています

いまは、まずオンラインがあって、その翌日にスペースに来てくれています☺

オンラインでスタッフと話をして心の準備をしたり、翌日スペースに来たときにやりたいことのイメージを作ったり。

次の日のスペースまで来てくれたときには、オンラインでのワークの続きをするときもあれば、新しいワークをしてくれることも◎

(さらにその翌日に、家でワークの続きをやったものを持って、見せにきてくれることもありました! わざわざありがとう☺)

そんな感じで週に2回くらいのペースで通ってくれているのですが、お母さんも、「習い事に行く日があったり何もせずにゆっくり休める日があったりするので、今のペースがちょうどいいです」と教えてくれました。

最初は週に1回のペースでしたが、それから今は2回になってがんばってくれています。ちょっとがんばりすぎたかな、と思ったときはいつでも教えてね☺

これからも、どんなふうに過ごしたらいいのか、どんなペースがちょうどいいのか、いっしょに考えたいなと思っています☺

3か月目は、グッズ作り。いろいろなデザインを考えてくれて、スタッフにも作り方を教えてくれました

『好きなグループのグッズ作りをしている』というお話を教えてくれました☺

お菓子のMINTIAを作ったり、カレンダーを作ったりしているそうです。

それを聞き、ちょうど地域のお祭りに出店する予定があったので、スペースのオリジナルのデザインを考えてもらえたらうれしいな、とお願い。

さっそくオリジナルのデザインを考えてくれました◎

そして、それをシールのようにできる、ということで、試しに作ったものをスペースに持ってきてくれたのがこちらです!

自分で作るだけでなく、デザインを作るときのアプリの使い方や、シールの作り方などを聞くと、とても熱心にスタッフに教えてくれました。

これからもいろいろなところで使えそうなすてきなデザイン、本当にありがとう!

(お祭りはコロナで中止になってしまったのですが…、スペースの中で使ったり、スペースに来てくれた人にプレゼントしたりと、大切に使っています☺)

いつもいろんなアイデアをくれて、本当にありがとう。
これからも一緒に、いろんなことを考えていけたらうれしいです!

絵やデザインは、人それぞれの個性がたくさんでるので、とてもいいなあと思います。これからもみんなでいろんなデザインや絵を描いて、スペースがにぎやかになったらうれしいです☺

というわけで、今回はイラストやデザインが好きな女の子の記事をお届けしました!

これを読んでくれた人の中にも、「絵やデザインって楽しそう」「やれるかわからないけれど、自分も何か作ってみたいな」と思ってくれた人がいたらぜひ、教えてくださいね☺

まなちゃん

というわけで、スペースでのお子さまの様子や作品をお伝えしました!あわせて、お母さんからもお話を伺っていますので、そちらもよければご覧ください♪

>>>お母さんへのインタビュー記事はこちら

最近の投稿

この記事を書いた人

コドモワークスペース kodomoworkspace

コドモワークスペース kodomoworkspace

コドモワークスペースです!
スペースの日常のこと、お知らせ、記事などをスタッフみんなで発信しています。
みなさんがのびのびと自分の好きな世界の海に深くもぐっていけますように。そんな願いをこめたシーラカンスがトレードマーク。ぜひお気軽に遊びに来てくださいね。